International Legal Highlights – January 2021

| | | | |

Developments in Material Adverse Effect Clauses in M&A


Thomas Sauermilch | Nicolas Lafont

The Coronavirus (COVID-19) pandemic has brought Material Adverse Effect (MAE) clauses in M&A transactions into renewed focus. In several announced M&A transactions, parties have sought to terminate or renegotiate agreements, and even commenced litigation based on MAE clauses.

MAE law and practice differs widely among key jurisdictions, such as the United States, France, Germany, Italy and the United Kingdom.

Show More


Start Preparing for the New EU Whistleblower Directive


Jacques Buhart

The new “Whistleblower Directive”, which enables whistleblowers to reveal potentially unlawful activities while being shielded from retaliation, must to be transposed by Member States into domestic law by October 2021. Businesses should take note of several key provisions.

The legal regime applicable to whistleblowers across the European Union is fragmented. Only nine EU Member States currently have comprehensive laws. The remaining countries offer only partial rules, limited to certain sectors and specific wrongdoing. In practice, whistleblowing tends to be focused on the reporting of corruption concerns in the financial services sector.

Show More


DOJ Issues Long-Awaited FCPA Advisory Opinion


Paul M. Thompson

On August 14, 2020, for the first time in roughly six years, the US Department of Justice (DOJ) issued an advisory opinion regarding compliance with the Foreign Corrupt Practices Act (FCPA). More than two years ago, former Assistant Attorney General Matthew Miner urged companies to seek opinions from DOJ while undertaking mergers and acquisitions (M&A) activity to determine whether a particular transaction or component of a transaction would trigger an FCPA investigation by the Department. Yet, before last week, DOJ had not issued any opinions following former AAG Miner’s comments. In fact, since 1980, DOJ has issued only 62 opinions related to the FCPA. This is likely because DOJ will only issue opinions in limited circumstances. Even in those limited instances, it is often impractical to seek an opinion because it usually takes months, if not years, for DOJ to issue one. Nonetheless, it is important for companies to promptly identify and address risks identified in diligence to satisfy DOJ and Securities and Exchange Commission (SEC) expectations. And, as DOJ’s recent opinion demonstrates, companies can at least consider whether it makes sense (or is even possible) to seek an advisory opinion as well.

Show More


The Uncertain “State” Of US Data Protection Law: California Leads The Way


When it comes to US data protection law, all eyes are on California. 

The California Consumer Privacy Act of 2018 (CCPA), which took effect this year, introduced a complicated data protection framework for the personal information of California residents, imposing a variety of new obligations on affected businesses. Although the interpretation of many of the CCPA’s provisions remains unsettled—and proposed regulations are still pending—the CCPA’s original architects have already advanced another proposed law, the California Privacy Rights Act (CPRA), which will be decided in a statewide referendum this November. If enacted, the CPRA would substantially amend the CCPA, granting consumers additional rights and imposing further liability on businesses.

Show More


M&A契約のおけるMAE条項の新展開


Thomas Sauermilch | Nicolas Lafont

コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、M&A 契約における「重大な悪影響(MAE)」条項(以下「MAE」もしくは「MAE条項」という)が再び注目を集めている。これまでに発表されているいくつかの M&A 取引では、当事者が契約の解除や再交渉を求めたり、さらにはMAE 条項に基づいて訴訟を開始するケースも出てきている。

MAE に関する法律やプラクティスは、米国、フランス、ドイツ、イタリア、英国などの主要な法域ごとに大きく異なっている。

Show More


新しいEU公益通報者保護指令に備える


Jacques Buhart

新たな「公益通報者保護指令」−これにより報復から保護されている間に違法の可能性のある行為を通報することが可能となる。EU加盟国は 2021 年 10 月までに、この指令を国内法化しなければならない。本稿では、企業が押さえておくべき条項について論じる。

EUでは、公益通報者に適用される法制度は国により異なっている。現在、EU加盟国のうち包括的な法律を有しているのは9 ヵ国だけである。残りの国は、ある産業部門や特定の不正行為に限定された部分的な規則のみ有している。実務においては、公益通報や内部告発といえば、金融サービス分野に関わる不正の通報にフォーカスして語られる傾向がある。

Show More


米司法省がFCPAに関する待望の勧告的意見を発表


Paul M. Thompson

米国2020 年 8 月 14 日、米司法省(DOJ)は、海外腐敗行為防止法(FCPA)の遵守に関する勧告的意見を約 6 年ぶりに発表した。2年以上前、司法省のMatthew Miner 元司法次官補は、企業に対し、M&Aを開始する際には、特定の取引または取引の一部が司法省によるFCPA関連調査の対象になるかどうかを判断するため、司法省に意見を求めるよう強く要求していた。しかし司法省は、Miner 元司法次官補のコメント後も、先週までいかなる意見も述べてこなかった。1980 年以降、司法省が FCPA に関する意見を述べたのは 62 件にすぎない。これは恐らく、司法省が限定的な状況においてのみ意見を述べることにしているためであろう。また、そのような限定的な状況であっても、意見を求めるのは往々にして現実的ではない。司法省が意見を出すまで、数年とはいわずとも数カ月かかることが一般的なためである。それでも企業にとって、司法省と証券取引委員会(SEC)の要求を満たすために、デューデリジェンスにおいて速やかにリスクを特定し、これに対処することは重要である。また、司法省の直近の意見が示すとおり、企業は少なくとも、勧告的意見を求めることが合理的か(あるいは可能であるか)を、選択肢として検討することができる。

Show More


米国データ保護法の不確実な「状態=州(ステイト)」‐カリフォルニア州が先頭を切る


米国データ保護法が問題になれば、誰もがカリフォルニア州に目を向ける

今年施行された2018 年のカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)は、カリフォルニア州民の個人情報に関する複雑なデータ保護枠組みを導入し、関係する企業に種々の新たな義務を課した。CCPA の規定の多くは解釈が定まっていないまま(規則案の承認は依然として保留中)であるが、CCPA の立案者は、別の法案であるカリフォルニア州プライバシー権法(CPRA)の準備をすでに進めており、今年11月の州全体の住民投票で採否が決定される予定だ。〔注意:2020年11月3日に、この法は採択された。〕もし採択されれば、消費者には追加の権利が付与され、企業にはさらなる責任が課されるため、CPRAはCCPAを実質的に改正することとなる。

Show More