International Legal Highlights – July 2019

FCPA Updates for Global Companies


Paul M. Thompson | Tony Maida | Michael W. Peregrine | Michael S. Stanek

In recent months, the US Department of Justice (DOJ) has issued important guidance for global companies on corporate compliance programs and the Foreign Corrupt Practices Act (FCPA) self-disclosure program. Taken together, this recent DOJ guidance reinforces that companies will receive significant benefit from the US government when they develop robust compliance programs that will both prevent and detect corruption – and when potential FCPA violations are promptly identified, remediated, and reported to the DOJ. Even in circumstances where misconduct is pervasive or involves upper management, a company’s exemplary actions may nonetheless result in a prosecution declination or cooperation credit.

Show More


Euro Fifty Million GDPR Fine on Google by French Data Protection Authority


Mai Muto | Romain Perray

On 21 January 2019, the CNIL, the French data protection authority, fined Google LLC (“Google”) € 50,000,000, for two types of infringements: (i) violations of the obligations of transparency and information as required by Articles 12 and 13 of the General Data Protection Regulation (“GDPR”) in relation to Google’ system of information provision to Android users; and (ii) a violation of the obligation to have a legal basis as required by Article 6 GDPR in relation to its advert personalisation services.

Show More


BEYOND CFIUS: FOREIGN INVESTMENT REVIEWS OUTSIDE THE UNITED STATES


David J. Levine | Raymond Paretzky | Louise Aberg

The United States is not the only country bolstering its protections against foreign investment that may compromise national security.

US legislation recently strengthened the law that authorises the President, through the Committee on Foreign Investment in the United States (CFIUS), to review and possibly block foreign investments if CFIUS finds they adversely affect US national security.

Show More


グローバル企業に対するFCPAアップデート


Paul M. Thompson | Tony Maida | Michael W. Peregrine | Michael S. Stanek

ここ数か月の間に、米国司法省(DOJ)は、企業のコンプライアンスプログラム及び海外腐敗行為防止法(FCPA)自主的開示プログラムに関するグローバル企業向けの重要なガイダンスを公表した。まとめると、この最近のDOJのガイダンスは、企業が汚職を防止し検出する強力なコンプライアンスプログラムを策定する場合、及びFCPA

反の恐れを迅速に特定し、改善し、DOJに報告する場合、米国政府から重大な恩恵を受けやすくする。たとえ不正行為が蔓延している、又は上級管理職が関与しているような状況であったとしても、企業の模範的な行動が、訴追の回避又は調査への協力に基づく減免をもたらす可能性がある。

Show More


EURO フランス個人データ保護局によるグーグルに対する5000万ユーロのGDPR制裁金


Romain Perray | Mai Muto

2019121日、フランスの個人データ保護当局であるCNILは、Google LLC(グーグル)に対し、一般データ保護規則(GDPR)の2つの違反を理由に、5000万ユーロの制裁金を科した。一つ目の違反は、グーグルのアンドロイドユーザーに対する情報提供システムに関する、GDPR12条及び第13条により求められる透明性の義務及び情報提供の義務についての違反であり、二つ目の違反は、広告パーソナライゼーションサービスに関する、GDPR 6条により求められる法的根拠を持つ義務についての違反である。

本決定は、その制裁金の額が非常に注目を集めたが、本決定のその他の4つの側面が、ヨーロッパで事業を行う日本企業にとってはより重要な意味をもつと思われる。そのため、以下では、制裁金に先立ち、まずこれらの4つの側面について述べることとする。

Show More


CFIUSを超えてー米国外における外国投資審査


David J. Levine | Raymond Paretzky | Louise Aberg

米国が、国家安全保障を危うくする可能性のある外国投資に対する保護を強化する唯一の国であるわけではない。確かに、米国は最近、米国の国家安全保障に悪影響を及ぼすと対米外国投資委員会(CFIUS)が認めた場合に、大統領に対し、CFIUSを通じて外国投資を審査し、場合によっては阻止する権限を認める法律を強化した。他の政府もこれに倣い、センシティブ又は重要な産業、技術、インフラを含むと思われるビジネスに対する海外直接投資(FDI)を審査するためのCFIUSに類似した制度を採用又は強化しているのである。

Show More