Managing M&A Opportunities and Risk for Japanese Investors During COVID-19 and Beyond

Überblick



The COVID-19 pandemic is bringing unprecedented disruption to the global M&A market. Even in today’s uncertain environment, however, certain deals are still moving forward. To usher existing agreements to successful completion and seize opportunities in today’s – and tomorrow’s – market, sellers and buyers alike need to carefully calibrate their deal terms in a fast-changing landscape.

COVID-19のパンデミックは、世界のM&A市場にかつてない混乱をもたらしています。しかし、今日における不確実な環境の中でも、いくつかの案件は依然として進行しています。既存の契約を成功に導き、今日、そして明日の市場でチャンスをつかむためには、売り手も買い手も、目まぐるしく変化する環境の中でディールの条件を慎重に調整する必要があります。

Rewatch our webinar, where our partners take a closer look at recent developments and expected trends in global private M&A that Japanese companies should be aware of, including techniques for bridging valuation gaps and protecting value, strategies for risk management and deal certainty, and navigating regulatory issues surrounding M&A deals.

このライブウェビナーでは日本企業が知っておくべき国際的なプライベートM&Aの最近の動向と予想される今後のトレンドについて、バリュエーションギャップを埋めてバリューを守るためのテクニック、リスク管理とディールの確実性のための戦略、M&Aのディールを取り巻く規制上の問題点の確認などを含め、弊所のパートナーがウェビナーにて詳しく解説しています。是非ウェビナービデオをご覧ください。

We discuss the issues Japanese businesses are facing as well as other topics, including:

  • Emerging trends in M&A deal terms and practice in the US and Europe
  • The impact of CFIUS in the US, and Foreign Investment Screening in Europe
  • Merger Control and Antitrust Developments in the US and the EU

日本企業が直面している課題をはじめ、以下のようなトピックについてウェビナー内で議論しています。

  • 米国及び欧州におけるM&A取引条件と実務の最新動向
  • 米国におけるCFIUSの影響と欧州の外国投資審査
  • 米国とEUにおける合併規制と独占禁止法の動向

View the presentation here.

こちらからプレゼンテーションをご覧ください。