International Legal Highlights – May 2021

| | | | | | | | | | |

Expect More Criminal Enforcement & What You Can Do to Minimize Your Risk


Justin P. Murphy | Alexandra Lewis

Antitrust cartel and related collusive scheme enforcement is poised to increase. Several factors support this: (1) the Antitrust Division (the Division) has a 10% budget increase for Fiscal Year (FY) 2021; (2) proposed legislation that would increase its budget by $300 million; (3) Democratic administrations have traditionally been more aggressive in enforcing  antitrust laws; (4) according to the US Department of Justice (DOJ), last year the Division opened the most grand jury investigations in almost 20 years and by the end of 2020 had the most open grand jury investigations in a decade; (5) increased coordination with international law enforcement agencies, including the Division recently signing a number of cross-border agreements, maintaining active memberships in multilateral organizations dedicated to cross-border antitrust enforcement cooperation and a DOJ official recently noting they have been working at strengthening their relationships with international law enforcement agencies during the pandemic and they expect this to benefit international coordination on investigations and (6) as pandemic limitations on in-person investigative tactics subside (including search warrants and knock and talk interviews, among others), expect a return to overt tactics related to open grand jury investigations.

Mehr anzeigen


New European Commission Guidance: Acquisitions of Nascent Competitors on the Radar


Hendrik Viaene | David Henry

The European Commission wants to be able to block or conditionally approve transactions, mainly in the digital economy and in the pharmaceutical sector, even when the thresholds for notification are not met. In publishing its new Article 22 Guidance, the Commission has significantly expanded its ability to review transactions. Parties to a transaction, especially in the digital economy and in the pharma sector, should bear this in mind when strategising on deal timing and any potential remedies. They will also have to take into account the possibility that the transaction will be blocked. For third parties, this opens another possibility to stop a transaction, to extract remedies from the notifying parties or to even roll back an implemented transaction.Mehr anzeigen


Intelligently Evolving Your Corporate Compliance Program


Michael S. Stanek | Sarah E. Walters | Martha K. Louks | Michelle Lowery | Katharine O'Connor

All companies—big and small—are collecting a tsunami of data. The US Department of Justice (DOJ) has now challenged corporate America to harness and analyze that data to improve corporate compliance programs by going beyond the risk profile of what has happened to better understanding the risk profile of what is happening. But where to begin? Artificial intelligence, which is already used to assist in the review and production of documents and other materials in response to government subpoenas and in corporate litigation, is invaluable in proactively reviewing data to identify and address compliance risks.

Mehr anzeigen


Update on European Data Protection Law


In mid-January 2021, the European Data Protection Board (EDPB) announced by press release that it has adopted jointly with the European Data Protection Supervisor (EDPS) written Opinions on the European Commission’s drafts for new standard contractual clauses according to Art. 46 of the General Data Protection Regulation (GDPR) and Art. 48 of the European Union Data Protection Regulation (EUDPR). In the near future, there will be two new sets of standard contractual clauses: one for the transfer of personal data between controllers and processors within the European Union/European Economic Area (EU/EAA), and another for the transfer of personal data to third countries outside of the EU/EEA.

Mehr anzeigen


What Are the Implications of Brexit in Corporate Law?


Renate Prinz | Dr. Philipp Grenzebach

Since January 1 of this year, the Brexit is final and, as a result of UK leaving the EU, the binding effect of EU-law no longer applies. But what does this actually mean for corporate law? We briefly summarize the most important changes for companies.1

Mehr anzeigen


刑事エンフォースメントの増加に備える


Justin P. Murphy | Alexandra Lewis

刑事エンフォースメントの増加に備える:リスク最小化のために今できること

反トラスト法上のカルテルおよび関連する談合に対する執行件数は、増加する見通しだ。これを裏付ける要因として、(1) 米司法省反トラスト局の2021年度予算が10%増額していること、(2) 予算を3億ドルまで増額する法案が提出されていること、(3) 民主党政権は伝統的に反トラスト法の執行に積極的であること、(4) 米司法省によると、昨年、反トラスト局は過去約20年間で最も多くの大陪審捜査を開始し、2020年末までには過去10年間で最多の件数に上ったこと、(5) 司法省が最近、いくつかの国際協定に署名し、反トラスト法の国際的な執行協力を目的とする国際機関での積極的な役割を維持するなど、国際的な執行機関との連携を強化しており、また司法省高官が、コロナ禍中、国際的な執行機関との関係強化に努めており、これが捜査の国際的な連携に役立つことを期待していると述べていること、 (6) コロナ禍による対面での捜査手段の制限(捜索(search)令状や立入質問(knock and talk interviews)等)が緩和されると、進行中の大陪審捜査での公然の捜査が再開されると予想されることが挙げられる。

Mehr anzeigen


欧州委員会の企業結合審査に関する新たなガイダンス


Hendrik Viaene | David Henry

欧州委員会の企業結合審査に関する新たなガイダンス:新興企業の合併が照準に

概要

欧州委員会は、主にデジタル経済及び医薬品分野において、届出が必要となる基準に満たない場合でも、取引(transaction)を阻止または条件付きで承認できるようにする意向である。新たに発表した第22条に関するガイダンスで、欧州委員会は取引を審査する権限を大幅に拡大した。取引当事者は、特にデジタル経済や医薬品分野に関係する場合、取引のタイミングや対応措置について戦略を立てる際に、このガイダンスを念頭に置く必要がある。また、取引を阻止される可能性も考えなければならない。第三者にとっては、取引を中断したり、届出当事者に対して救済を求めたり、さらに一旦成立した取引を取り消したりできる新たな状況が生じることになる。

Mehr anzeigen


AI技術を活用したコンプライアンスプログラムの構築


Michael S. Stanek | Sarah E. Walters | Martha K. Louks | Michelle Lowery | Katharine O'Connor

AIを活用したコンプライアンスプログラムの構築 – コンプライアンスをインテリジェントに進化させるために –

概要

あらゆる企業は、その規模の大小にかかわらず、津波のように押し寄せるデータを日々収集している。 現在、米国司法省(DOJ)は、米国企業のコンプライアンスプログラムを改善するために、収集したデータを活用し、分析することを求めている。DOJは、起きてしまったことに対するリスクプロファイルにとどまらず、今起きていることに対するリスクプロファイルをよりよく理解するよう求めているのである。 しかし、どこから手を付ければいいのだろうか。 人工知能(AI)は、政府の召喚状に回答するため、あるいは会社訴訟の際に、文書やその他の資料を確認・作成する目的ですでに利用されており、コンプライアンスリスクを先回りして特定し対処するためのデータ確認作業においても非常に有効である。

Mehr anzeigen


欧州のデータ保護法に関するアップデート


欧州のデータ保護法に関するアップデート

2021年1月中旬、欧州データ保護会議(EDPB)は、新しい標準契約条項に関する欧州委員会の草案に対する意見書を、欧州データ保護監察機関(EDPS)と共同で決定したことを発表した。この新しい標準契約条項は、一般データ保護規則(GDPR)第46条及びEUデータ保護規則(EUDPR) 第48条により基礎づけられる。近い将来、二つの新たな標準契約条項、すなわち欧州連合/欧州経済地域(EU/EAA)内の管理者と処理者の間での個人データの移転に関する条項と、EU/EEA外の第三国への個人データの移転に関する条項が用意されることになる。

Mehr anzeigen


企業法務におけるブレグジットの影響とは


Renate Prinz | Dr. Philipp Grenzebach

企業法務におけるブレグジットの影響とは?

概要

2021年1月1日、ブレグジットの手続きが終了し、英国がEUを離脱した結果、EU法は英国に対する拘束力を失った。しかし、結局のところブレグジットは企業法務にとって実務上どのような意味があるのだろうか。本稿では企業にとって最も重要な変更点を簡単に説明する。Mehr anzeigen