European Commission Adopted a Proposal Directive on Corporate Sustainability Due Diligence


Jacques Buhart | Michinari Matsumoto

On 23 February 2022, the European Commission (EC) adopted a proposal for a directive on corporate sustainability due diligence (the Proposed Directive).1

The EU has already enacted three pieces of legislation that impose supply chain due diligence regarding human rights and sustainability issues. These pieces of legislation only concern specific industries, i.e., the mineral2 and wood3 industries, or require only large companies located in the EU to report non-financial information, including on human rights.4

Show More


DOJ To Devote Substantial Resources To Investigating And Prosecuting Corporate Crime, Emphasizing Importance of Effective Compliance Programs


Julian L. André | Justin P. Murphy | Sarah E. Walters | Edward B. Diskant | Paul M. Thompson | Benton Curtis

In March 3, 2022, speeches at the American Bar Association’s Annual National Institute on White Collar Crime (ABA White Collar Institute), US Attorney General (AG) Merrick Garland and US Assistant Attorney General for the Criminal Division (AAG) Kenneth Polite Jr. addressed the US Department of Justice’s (DOJ) increased commitment to investigating and prosecuting corporate crime.

Show More


AN OVERVIEW OF OECD PILLAR 2


Brian H. Jenn | Annette Keller | Dr. Dirk Pohl | James Ross | Andrea Tempestini | Antoine Vergnat | Romain Desmonts | Alessio Persiani

The Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD)/G20 Global Anti-Base Erosion (GloBE, Pillar 2) Model Rules, published in December 2021, intend to address perceived challenges to long-standing international taxation principles from the increasing digitalization of the economy. If implemented, these rules (Model Rules) would significantly impact the taxation of multinational groups, introducing new complexity to international taxation and nullifying the benefit of tax incentive regimes employed by many countries to attract foreign investment.

Show More


欧州委員会、企業の持続可能性デューディリジェンスに関する指令案を採択


Jacques Buhart | Michinari Matsumoto

2022年2月23日、欧州委員会(以下「EC」)は、企業の持続可能性デューディリジェンスに関する指令案(以下「指令案」)を採択した1

EUはすでに、人権および持続可能性に関してサプライチェーンのデューディリジェンス義務を課す3つの法令を施行しているが、これらの法律は、特定の産業(鉱業2や木材産業3)のみを対象としていたり、EU域内の大企業にのみ人権を含む非財務情報の報告を義務付けるものであった4

Show More


米司法省、企業犯罪の捜査および訴追へのリソースを大幅に拡大、効果的なコンプライアンスプログラムの重要性を強調


Julian L. André | Justin P. Murphy | Sarah E. Walters | Edward B. Diskant | Paul M. Thompson | Benton Curtis

2022年3月3日、米国法曹協会のホワイトカラー犯罪年次全国大会(ABA White Collar Institute)で行われた講演の中で、米司法省(DOJ)のMerrick Garland長官(AG)とKenneth Polite Jr刑事局長(AAG) は、企業犯罪の捜査・訴追に関する米国司法省(DOJ)の取り組み強化について述べた。

大量のリソースが必要となるこのような事件への取り組み強化の一環として、Garland長官は、新たに120人の検察官と900人のFBI捜査官を雇用する計画であると説明した。またGarland長官とPolite刑事局長は、データ解析の利用拡大などの、執行を強化するための具体的な方策についても言及した。最後に、執行の実質的な優先順位の概略に加え、DOJは個人の責任を重視していることを強調し、Garland長官は、「企業の巨額の支払いを受け入れることよりも、個人の有罪判決を得ること」がDOJの第一目標であると繰り返し述べた。

Show More


経済協力開発機構(OECD)「第2の柱」の概要


Brian H. Jenn | Annette Keller | Dr. Dirk Pohl | James Ross | Andrea Tempestini | Antoine Vergnat | Romain Desmonts

2021年12月に公表された、経済協力開発機構(OECD)/G20のグローバル税源浸食防止(GloBE : Global Anti-Base Erosion「第2の柱」)モデル規則は、経済のデジタル化から生じる国際課税上の長期的課題に対処するものである。当該「モデル規則」が施行された場合、複雑な新国際課税ルールが導入され、海外から投資を誘致するため各国が行ってきた税制優遇措置の恩恵も無効となるため、多国籍企業グループに非常に大きな影響が及ぶことになる。

2015年以来、デジタル化から生じる課税上の課題への対処は、OECD/G20の「税源浸食と利益移転(BEPS : Base Erosion and Profit Shifting)包摂的枠組み」の優先事項である。「包摂的枠組み」加盟国が、2本の柱からなる長期的な解決策を検討することに合意後、「第1の柱」及び「第2の柱」に係る「作業計画」は2019年半ばに採択され、2021年7月にG20財務大臣会合によって承認された。2021年11月4日時点で、「2本の柱からなる解決策」に関する声明には、OECD/G20の「BEPS包摂的枠組み」加盟国140カ国のうち、世界のGDPの90%以上を占める137の国・地域が参加することに合意している。「第1の柱」は、課税権の再配分と国際課税制度の安定を見込むものであり、「第2の柱」は、ドイツのオラフ・ショルツ副首相兼財務大臣(当時)とフランスのブリュノ・ル・メール経済財務大臣によって提案されたものだが、特定の多国籍企業に対して2023年より15%の世界的な最低法人税率を課すものである。

Show More